OUR TEAM

チーム紹介

金子 英正
KANEKO HIDEMASA
共同代表
マネージングパートナー

1990年、住友銀行(現三井住友銀行)入行、28年間在籍。銀座支店、国際統括部、シンガポール支店、ロンドン支店等を経て、2000年、大和証券エスビーキャピタル・マーケッツに出向し、同社にてGE、住友商事との合弁にてバイアウト・ファンドの立ち上げに参加。 2002年、三井住友銀行ストラクチャード・ファイナンス営業部にて、LBOデットファイナンス業務の立ち上げに参加。 2004年、エヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズにてプライベート・エクイティ投資業務を担当、投資案件ソーシングからエグジットまで投資全般を主導。投資先の健康食品会社、エンジニアリング・メーカーの取締役に就任し、企業価値の向上業務を牽引。 2015年10月、三井物産、日本政策投資銀行との合弁のバイアウト・ファンドであるMSD企業投資に参画。マネジメント・ディレクターとしてバイアウト業務を牽引。 東京大学経済学部卒業

時田 太郎
TOKITA TARO
共同代表
マネージングパートナー

1989年、住友銀行(現三井住友銀行)入行、29年間在籍。人形町支店を経て、事業調査部にて企業・産業調査、関連事業部・個人統括部にてグループ会社の事業企画及び新規事業(投資事業、サービサー事業)の推進に従事。
2006年、大和SMBCベンチャーキャピタル(現SMBCベンチャーキャピタル)へ出向。
PE投資業務(VC・グロース)を開始し、主に、ものづくり、バイオ・ヘルスケア分野を投資領域として活動。
ベンチャー企業への投資に加え、大学発ベンチャーのインキュベーション、事業会社との協働によるカーヴアウト投資、海外製品導入型投資等、様々な投資スキームを推進。
その間、業界団体や大学での講演を多数実施。
2016年~2018年10月、同社執行役員として、ヘルスケア領域のエクイティ投資の業務執行トップを担う。
早稲田大学政治経済学部卒業

益戸 宣彦
MASUTO NOBUHIKO
マネージングパートナー

1984年、住友銀行(現三井住友銀行)入行、19年間在籍。新宿西口支店、資本市場業務部、情報開発部(東京)、情報開発部(ロンドン)、ロンドン支店、欧州営業部を経て、2000年、大和証券エスビーキャピタル・マーケッツに出向し、同社にてGEおよび住友商事との合弁にてバイアウト・ファンド業務の立ち上げおよび投資運営に参画。 2003年、リップルウッド・ジャパンに移り、インダストリアルセクターのバイアウト投資およびバリューアップアクティビティに注力。その後、創業間もないGCA株式会社に参画し、東証マザーズ上場、初の海外拠点(NY)立ち上げ現地勤務を経てサヴィアン社を経営統合。帰国後GCAの日本・アジアリージョン統括パートナーとして経営執行を担い、グループ拠点の拡大と営業基盤構築をへて東証一部昇格をリード。バンカーとしては、インダストリアル、素材・ケミカル、ヘルスケア、PEファンド、商社などのセクターカバレッジ責任者として顧客基盤を拡充しつつ、GCAパートナーズ代表取締役社長として国内中堅企業の新規開拓にも注力。
2022年6月当社参画。
ロンドン大学 ロンドン・ビジネス・スクール卒業
慶應義塾大学法学部法律学科卒業
経済同友会 委員

愛川 雅士
AIKAWA MASASHI
パートナー

アドバンテッジパートナーズ及びMSD企業投資において、プライベート・エクイティ業務に従事、多数の投資先に関与した後、2019年1月、当社に参画。 上記以前は、約8年間にわたり、監査法人トーマツ及びKPMG FASにて、法定会計監査、SOX法対応及びM&Aコンサルティング業務に従事。また同期間中、三井物産へ出向し、同社グループのM&Aを支援。 慶応義塾大学経済学部卒業

春田 賢志
HARUTA KENJI
パートナー

住友信託銀行(現 三井住友信託銀行)を経て、プライスウオーターハウスクーパース・フィナンシャル・アドバイザリー・サービス(現 PwCアドバイザリー)にて、事業再生及びM&Aアドバイザリー業務に従事。 その後、複数の大手金融機関系プライベート・エクイティ投資会社にてファンドレイズから投資実行、ハンズオン、エグジット業務を行う。 約20年以上に亘り、ベンチャー企業から中小企業、上場企業を対象としたM&A、投資業務等に幅広く従事。2020年9月当社参画。 成蹊大学法学部政治学科卒業、日本証券アナリスト協会検定会員

安江 滋
YASUE SHIGERU
パートナー

三菱銀行(現 三菱UFJ銀行)を経て、ダイヤモンドキャピタル(現 三菱UFJキャピタル)にて、約20年間ヘルスケア分野、特に創薬、医療機器系バイオテクノロジーベンチャー企業向け投資に従事。 その間、日米欧20社以上の優れたバイオベンチャーに投資し、東京農業工業大学発創薬ベンチャー・大阪大学発創薬ベンチャーの社外取締役も歴任。2020年9月当社参画。 早稲田大学政治経済学部経済学科卒業

高 善華
KOH YOSHIKA
プリンシパル

1994年に中央監査法人へ入所、同法人のコーポレートファイナンスグループに所属し、国内外の多数のM&A案件や事業再生案件において、デューディリジェンス、企業価値評価業務、ストラクチャーの策定、FA業務等を実施。同法人退社後も、財務会計コンサルティング会社や会計事務所において、引き続きM&A関連業務や事業計画策定支援、業務改善プロジェクト等に従事し、現在複数社の社外監査役にも就任している。2023年3月より当社へ参画。明治大学政治経済学部卒業。公認会計士。

大皷 宏宜
TAIKO HIRONORI
プリンシパル

2001年、JPモルガン証券に入社し、投資銀行本部にてM&Aアドバイザリー業務を経験。その後、新生銀行(現SBI新生銀行)にてリース会社、信販会社、消費者金融等のノンバンクの買収に関与。2007年からカーライル・グループにおいて、グロースキャピタル投資を中心としたプライベート・エクイティ業務に従事。政府系の投資会社である産業革新機構(現産業革新投資機構)に立ち上げから参画。国内外の事業の投資に数多く関与し、ベンチャーキャピタル投資からバイアウト投資まで幅広く経験。2018年に子会社のINCJに出向、その後転籍し、複数の投資先の社外取締役に就任し、投資先のモニタリング、経営方針の策定・修正と並行し、エグジット活動を推進。2023年3月、当社に参画。東京大学経済学部卒業

廣田 述史
HIROTA NOBUAKI
管理部長

日興證券(現 SMBC日興証券)に入社し、リテール営業を経て、ベンチャーキャピタルである日興キャピタルへ出向。本体投資部門の資産管理・投資先データ入力及び管理・投資売却に関する実務・上場株式の売却実行等を担当後、投資事業組合関連業務に従事し、決算処理及び資産管理・データ管理、運用報告、組合員管理等に携わる。また、組合業務におけるデータ整備・資料の整備作成を行い、システム化を推進。2003年1月 経営統合に伴い、日興アントファクトリー(現 アント・キャピタル・パートナーズ)に入社し、組合管理運営業務全般を中心に従事。2019年10月 当社参画。愛媛大学法文学部経済学科卒業